第8回エコ検定体験談

ツル さんの体験談



●性別: 男性

●受験地:伊丹

●勉強期間:20時間

●勉強方法:

全て選択問題であるという試験の性質上、数字と名称の暗記は必須だと実感してます。
知識を深めるよりは、全体を浅く広く把握することで合格できると思います。
只、自信がある人でも、全く勉強しないと受からないと思われます。
なぜなら、数値などは変化するもんだし、対象が多岐に渡っているためなめてると、不得意な分野があると、不利だからです。

とはいえ、合格率からかも判るように、難易度は低いため、ポイントを押さえた勉強ができれば、一夜漬けでも充分7割以上取れると思います。


●使用教材:

温暖化関連の本三冊
温暖化懐疑論の本一冊
eco検定 ポイント集中レッスン
eco検定 ポケット問題集

●合格後変わったこと、今後受験する方へのアドバイス:

受かるだけなら、過去問をやって、全体を網羅してる参考書を軽く暗記する程度で充分合格できると思います。知識の研鑽のために受験するのであれば、IPCCの報告書、や最近の知見が科学的に書かれている本を自分で読むことをお勧めします。




 

にしやん さんの体験談



●性別: 男性

●受験地:京都市

●勉強期間:1か月くらい

●勉強方法:

公式テキストをひと通り目を通した後、公式過去問題集をひと通り実施しました。
又、検定対策hp(http://ecokentei.green-nippon.com/)のeco検定メルマガ(2週間)も申込み&実施しました。


●使用教材:

公式テキスト、公式過去問題集

●合格後変わったこと、今後受験する方へのアドバイス:

すいません、合格発表前なのでまだ合格が決定したわけではないのですが(自己採点では82点)あくまで体験談として。
 予想していたより難しいです。もっと気楽な種目かなぁと考えていたのですが、地球の事や各ecoに関する政策の事など、そこそこの量を暗記をしなければなりません。なので、計算して答えを求めるタイプではなく、覚えているか覚えていないかによって明暗の分かれる試験でした。やはり基本となるのは公式テキストです。まずはこれを読んでおかないと試験の用語すらついていけません。次に、王道ですが過去問による訓練です。eco検定も出題パターンは毎回同じ様な形式の問題なので、過去問を行う事で実際のテストの練習になります。あとは、いかに気合で暗記できるかという事ですが、コツは検定対策hpなどを見てある程度優先的に暗記した方が良さそうな所を重点的に覚える事でしょうか。
 試験の合否は当然重要なのですが、この種目は全人類にとって大事な知識かと思います。勉強するまでは、あと40年で石油が枯渇するなど夢にも思っていませんでしたので。。。正直、ecoなんて偽善かと穿った考え方をうっすらと持っていたのですが非常に重要です。地球は悲鳴をあげているんですよ。。みんなで考えないと。





 

  

提供:ECO検定集会所(エコ検定)